フルクラム・ホイール・プロジェクトは、自転車をこよなく愛する若い航空宇宙工学エンジニアたちの、革新的なアイデアから誕生しました。エンジニアたちは市場に出ている製品を分析し、その結果、改善の余地が大いにあると感じました。そこで航空宇宙工学の知識を活用し、用途を特化した新しいホイールの設計に取り掛かりました。

間もなくこのプロジェクトからプロトタイプ・モデルが生まれ、テストの結果、競合製品を凌ぐすばらしい成果が得られました。チームはこの結果に満足し、最高の素材を選び、可能な限りの最先端技術を駆使して製品を作り上げ、市場に送り出しました。
FULCRUM Racing 1FULCRUM Racing 1
中でも最初のトップレンジモデルとして登場したRacing 1は、ハイテクでアグレッシブなスタイルを持ち合わせ、全てのレーシングコンディションに容易に適応する独創的なホイールです。リムは3度におよぶ表面仕上げ処置によって軽量化を図られ、リム断面の上側ブリッジには、スポーク穴がありません。スポーク穴の排除による効果は、単にリムテープが必要ではない=軽量化というだけでなく、ねじりに強く、垂直方向の弾性にも優れたリムを生み出しました。

加えてRacing 1のスポークにはリムに近くなるほど広くなる、変形断面のエアロダイナミックデザインを採用。これにより、空気抵抗の原因となっていた空気渦の減少に成功しています。

また、フルクラムのホイールは、当初より外周の質量をリムの継目と釣り合わせる特別なリム設計「ダイナミック・バランス・テクノロジー」により作られています。この技術により、ホイールのダイナミックバランス(動的回転バランス)を得て、スムーズで歪みのない回転を実現しています。


フルクラムの進化は止まることを知りません。長年プロフェッショナル・チームに供給され、多くのファンを持つRacing Speed XLRに最先端のテクニカル・ソリューションを投入しアップデートしたカーボンホイールがSPEEDシリーズです。3Kフィニッシュのフルカーボン・リムの幅は24.2mmで、以前のレーシング・スピードより4mmリム幅が広がり、安定性、反応の良いハンドリング、快適性が大きく向上しました。40mmはオールマイティなホイールで、登り・下りでも平坦でも優れた性能を発揮します。重量はわずか1213gですが、35mmホィールより高い剛性を実現しています。55mmバージョンは究極のエアロダイナミクスをお届けします。ハイプロファイルのリムは剛性と空力性能を強化しました。横風がある状態でも高速走行を可能にし、優れた加速性と操作性を発揮します。
またオールラウンドホイールのゴールド・スタンダードといえるRACING ZERO。新たに17Cリムを採用し、スタンダードモデルの他に、リムにプラズマ電解酸化処理を施したNITE、CULT™ セラミックベアリングを換装したCompetizione、フルカーボン製のリムとアルミスポークを組み合わせたCARBONと大幅にバリエーションが増え、よりライダーの好みに適合したものを選ぶことが可能になりました。

SPEED 55TSPEED 55T SPEED 40TSPEED 40T

RACING ZERO NITERACING ZERO NITE RACING ZERO CARBON clincherRACING ZERO CARBON clincher

CULT - セラミック・アルティメット・レベル・テクノロジーCULT - セラミック・アルティメット・レベル・テクノロジー SPEED 55T/40T、Racing Light XLR、Racing Speed DISC、Racing Speed XLR 80、RED WIND XLR 80/50、RACING ZERO Competizioneにはグリスのいらないセラミックベアリング「CULT」テクノロジーを採用。グリスが不要なため、回転抵抗が大きく減少すると同時に、軽量化も果たしています。

また、Racing Zero Competizione、Racing 3には2WAY-FITと呼ばれる、チューブレスタイヤとクリンチャータイヤの両方に対応するロードホイールもラインナップされ、好評を得ています。

ユーザーのニーズとコストに合わせ、最適なホイールを提供するカンパニー。それがフルクラムです。