ホイールは、リム、スポーク、ハブという3種類のパーツで構成されています。この中の1つでもクオリティーが低ければ、完組ホイールとしての性能はスポイルされてしまいます。

自転車界においてDT Swissでまず思い出されるのはハブでしょう。優れた設計で軽さと高い回転性能を誇るDT Swissのハブは、単体で他社の高性能ホイールにも採用されるほどの信頼性を誇り、それらの性能をより確かなものにしています。

そして長年の間、リムの製造過程において真円を確保できたリムを作ることはほぼ不可能とされてきましたが、DT Swiss社の開発したリムは最新のSBWT(strength boost welding technology)と呼ばれる製法によって、最も真円に近いひずみのない、理想的な形状を生み出すことに成功しました。


スポークにおいてもしなやかさと剛性、そして耐久性を兼ね備え、ハンドメイドの世界でも採用率の非常に高いスポークです。トップレースでもその性能は実証され、多くのライダーに愛される製品となっています。

このように、DT Swiss社は世界でも稀なホイールコンポーネントの全てを供給できる製造メーカーです。DT Swissでは、リム、スポーク、ハブの完成度を高め、パーツ単体での供給はもちろん、自社において使用目的に合わせたコンビネーションで組み立てられた完組ホイールを提供しています。また、優れた技術者が参加し、ホイール組の精度にも拘り続け、最高のパフォーマンスを生み出すことに情熱を注いでいます。

軽く、剛性があり、できる限りメンテナンスが少なくてすむホイール。DT Swissのスタッフが自ら自転車の乗り込む経験により学んだ哲学が、脈々と製品に流れているのです。
カテゴリーリスト