Challenge(チャレンジ)は伝説のハンドメイドタイヤメーカー「Clement(クレメン)」の流れを汲むブランド。

世界でも2~3しかないハンドメイドでチューブラータイヤの生産ができるチャレンジ社は、多くの有名メーカーのレース用高級チューブラータイヤのOEM生産も手がけています。それはClementの生産設備、技術、職人をすべて引き継いでいるチャレンジ社の性能と品質を世界中が認めている証ともいえます。

チューブラータイヤとハンドメイド・クリンチャー(オープンチューブラー)の構造チューブラータイヤとハンドメイド・クリンチャー(オープンチューブラー)の構造 チャレンジ社の製品で特徴的なもののひとつに「ハンドメイド・クリンチャー(オープン・チューブラー)」が挙げられます。これは、ハンドメイド・チューブラータイヤと同じ工程で生産され、筒状に縫われているか、両耳にビードが埋め込まれているかの違いだけで、ラテックス・チューブと組み合わせたハンドメイド・クリンチャーの乗り心地や性能はハンドメイド・チューブラータイヤに匹敵するほど高性能です。

オープンチューブラータイヤは、一般的な加硫製法のクリンチャータイヤに比べて比較にならないほどの品質と性能をライダーへもたらします。 

オープンチューブラータイヤとクリンチャータイヤはまったく異なるタイヤです。 単純な比較をしても2つのタイヤの性能の違いは明らかです。ハンドメイド・クリンチャー(オープンチューブラー)タイヤは、チューブラータイヤと同じプロセスを経て製造されています。 トレッドとケーシングに使われている天然ゴムとラテックスはしなやかで柔軟性に富んでいます。オープンチューブラーはリムに装着していないと平らな形をしています。 そしてクリンチャーリムの両側にビードを引っ掛けてると円形になり断面は丸くなります。

オープンチューブラーは非常に柔軟で、路面状況に応じて簡単に変形します。 それで衝撃を吸収し、転がり抵抗を低くすることができます。 低い転がり抵抗により、ライダーはより少ないパワーで速く走ることができます。 しなやかでソフトな天然ゴムのトレッド接地面は、ウェットでもドライでも、フォーミュラワンのタイヤのように安全にコーナリングでき路面状況を的確にライダーへ伝えることができます。
NEWS