PINARELLOは、2007 Tour de FranceにおいてついにPRINCE CARBONを実戦配備します。
PRINCE CARBONは3年間に渡り極秘に開発を進められてきました。
ケスデパーニュチームの協力のもと、風洞実験や応力解析、実走テストを繰り返し、ついに実戦へ本格的に投入されます。



PINARELLOは、2007 Tour de Franceにおいて
PRINCE CARBONを実戦配備します。


PRINCE CARBONは3年間に渡り極秘に開発を進められてきました。
ケスデパーニュチームの協力のもと、風洞実験や応力解析、実走テストを繰り返し、
ついに実戦へ本格的に投入されます。

50t High Modulus 1K Carbon

フルモノコック接着構造のフレームには、自転車カテゴリーではピナレロ社にのみ独占供給される50tグレードのハイモジュラス1Kカーボンを使用し、PARIS CARBONと比較して15%も剛性が増しているにもかかわらず使用するカーボン繊維が軽量な事により、ピナレロ社の歴史上、もっとも高剛性で軽量なレーシングフレームに仕上がっています。
そのフレームはただ軽量なだけなヒルクライムスペシャルではなくステージレースの全ステージで優れたパフォーマンスを発揮するトップスプリンターの爆発的なゴールスプリントを受け止める剛性を持った軽量マシンです。

PRINCE CARBON用に50HM1Kで製作されたONDA FPXカーボンフォークを搭載
ONDA FPXは元来PRINCE CARBONのために開発されました。
サイドにあしらわれたリブ形状やオーバーサイズ化されたフォーククラウンとベアリング
その性能は先行してDOGMA FPXに搭載され、実戦で証明されました。
ヘッド周りやBB周辺、シートチューブ、リアステイ周辺のリブデザインは偶然や見た目で形作られているのではありません。
それは圧縮方向への応力に耐えるためコンピューター解析によって導き出された形状なのです。
その結果、ハンドリング安定性と路面から伝わる振動に対して並外れた減衰特性を得ています。
それは高速コーナリングにおいてかつて経験した事のない安心感とコーナリング精度となって体験できるでしょう。


絶対的優位さを求めるプロジェクトにコストダウンは検討されません。

手に入る最高のカーボン素材を使う事だけ優先されました。
現在利用可能な同等のマテリアルは存在しません。
ピナレロはその特別なカーボン繊維を使い自転車を製造できる唯一のメーカーです。


PINARELLO PRINCE CARBON
SOE System Limited Edition


限定完成車 全世界500台限定
希望小売価格:1,115,000円(税込)
カラー: チームレプリカ※バルベルデと写ってる写真のロゴデザインの予定:右DT/PINARELLOロゴ、左DT/PRINCEロゴ
日本入荷サイズ: 46.5SL, 51.3
フレーム重量: 900g(size54, unpaint)

メインコンポ:RECORD、クランク:PINARELLO TANK LE 50HM1K、ハンドル:MOst TALON LE 50HM1K
シートポスト:MOst TAIL LE 50HM1K、サドル:MOst XLR XP Carbon/Kevler、ホィール:SHAMAL ULTRA TITANIUM
限定完成車にはSOE(Simulation Optimize Evolution)完成車としてトータルクリエイトされた
PINARELLO/MOst 50HM1Kカーボンコンポーネントがアッセンブルされます。


※完成車の仕様、価格、ロゴデザインなどは変更になる場合があります。
えい出版社・バイシクルクラブ7月号にインプレ記事と広告を掲載。


>>8月入荷予定<<

PRINCE CARBON Limited Edition Catalog Download(2.33MB)