1月9日、パリでケスデパーニュの2008チームプレゼンテーションが行われた。エースのアレハンドロ・バルベルデ(スペイン)とツール・ド・フランス2006覇者と認定されたオスカル・ペレイロ(スペイン)、8人の新メンバーらが顔を揃えた。

チーム登録オフィスであるケスデパーニュ銀行パリ本社ホールで開催されたこのプレゼンテーション。スーツ姿の選手たちと、新カラーとなったピナレロ・プリンスカーボンのチームバイクがお披露目された。

photo by:CyclingTime.com

今季の新メンバーは8人。フランス人4人、コロンビア人2人、ベネズエラ人1人、スペイン人1人の選手を加えた。ジロ・デ・イタリア2005で山岳賞に輝くホセ・ルハーノ(ベネズエラ)を筆頭に、ユニベットからアルノー・コワイオ(フランス)、ルイス・パサモンテス(スペイン)、リゴベルト・ウラン(コロンビア)ら4人が移籍。フランセーズデジュからファブリス・パタンション(フランス)が移籍。クレディアグリコルからアントニー・シャルトー(フランス)が移籍。オーベール93からマチュー・ドリュジョン(フランス)が移籍。ユニバーサルカフェからマーロン・ペレス(コロンビア)が移籍。詳しくはCyclingTime.com