軽量パーツ、カーボンパーツの組み付けにトルクレンチは必須です。
FSA プリセットタイプ・トルクレンチ
カーボン製品のトラブルで一番多いのがボルトの締めすぎによる破損。
規定トルクで組み付ける事は、パーツの破損を防ぎ安全に楽しむための第一歩です。

カーボン製品が多く市場に出回る中で、ボルトの締め付けトルクの管理が非常に重要になっています。
汎用ツールにもトルクレンチは各種ございますが、自転車での使用に必要な弱トルクを管理できるものはなかなかありません。
そして汎用ツールのほとんどは「kg/f」での管理ですが、自転車の場合は「Nm」の単位で表記される事がほとんどです。
FSAトルクレンチは2Nmから16Nmまでプリセットで管理可能で、ダイヤルを規定トルクに合わせてボルトを締め付けるだけ、ボルトを締め付けていくと規定トルクに達すると「カチッ」っとクリック感を感じるのでそこでストップ。このように簡単に規定トルクでの締め付けが出来ます。
さらにコンパクトなトルクレンチなのでケーブルが邪魔をして大きなツールが使いづらいハンドル周りなどでも非常に使いやすく出来ています。

軽量パーツ、カーボンパーツの破損を防ぐためにもトルクレンチの使用は必須です!
簡単に使えるトルクレンチなので一般ユーザーにもお勧めします。
FSA製品の主要トルク表と使用方法が図解された説明書(英文)も付属します。



付属先端ビット
アーレンキー/2、2.5、3、4、5、5(ボールポイント)、6、8mm
+ドライバー/#0、#1、#2、−ドライバー/3、4.5mm
トルクス/T20、T25、T30


希望小売価格:25,200円(税込)
FSAトルクレンチは2Nmから16Nmまでプリセットで管理可能で、ダイヤルを規定トルクに合わせてボルトを締め付けるだけ、ボルトを締め付けていくと規定トルクに達すると「カチッ」っとクリック感を感じるのでそこでストップ。このように簡単に規定トルクでの締め付けが出来ます。
さらにコンパクトなトルクレンチなのでケーブルが邪魔をして大きなツールが使いづらいハンドル周りなどでも非常に使いやすく出来ています。