クラシカ・サンセバスティアン2008

北京に弾みをつける勝利、バルベルデがクラシカ初制覇
2008年8月2日、プロツアー第10戦クラシカ・サンセバスティアンがスペイン・バスク地方で行なわれ、100名近いメイン集団がタイムオーバーで失格となる中、上りで絞られた先頭集団でのスプリント勝負を制したアレハンドロ・バルベルデ(スペイン、ケスデパーニュ)が自身初の優勝。バルベルデは同時にプロツアーランキングトップに立った。

アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、ケスデパーニュ)のコメント
「これはとても意味のある勝利だ。去年は3位だったから、今日は何としても勝ちたかった。最初に先頭グループが形成されたとき、チームメイト6名が入っていたのに自分だけ入っていなかったから罪悪感があったよ。終盤に新しい上り(アルカレ峠)が設定されたからいつもよりタフなフィナーレだった。5人で逃げ切れると思ったけど、最後は集団でのスプリント。ベッティーニやサンチェス相手のスプリントは厳しいと思ったけど、何とか勝つことが出来たよ。明日、北京に発つんだ」。


このニュースについて詳しくは CyclingTime.com







Photo:(c)Tim De Waele / Cycling Time


本ニュースについて詳しくはCycling Timeへ