ツール・ド・フランス第1ステージ


電光石火バルベルデ、圧巻の勝利でマイヨジョーヌ獲得

2008年7月5日、第95回ツール・ド・フランスがブルターニュ地方ブレストでグランデパールを迎えた。プリュムレックまでの197.5kmで行なわれた初日の第1ステージは、ゴール前の上りでバトルが繰り広げられ、スプリントで他を圧倒したアレハンドロ・バルベルデ(スペイン、ケスデパーニュ)が優勝。マイヨジョーヌに袖を通した。
バルベルデはこれがツールのステージ通算2勝目。ランス・アームストロング(アメリカ)を打ち破った2005年のクールシュベルのステージ以来の勝利だ。リエージュ〜バストーニュ〜リエージュでも発揮された上りでのスプリント力は圧巻。後続を1秒引き離したバルベルデは自身初となるマイヨジョーヌに袖を通した。








Photo:(c)Tim De Waele / Cycling Time


本ニュースについて詳しくはCycling Timeへ