ジェラジャ・マレーシア(UCI2.2)第6ステージは中盤に日本人選手5名を含む逃げが決まり、集団を振り切った14名によるスプリント勝負を制した西谷泰治(愛三工業レーシングチーム)が優勝を飾った。総合争いは翌第7ステージのゲンティンで決着がつけられる。



photo:www.jelajah.com.my

ジェラジャ・マレーシア2009第6ステージ結果
1位 西谷泰治(日本、愛三工業レーシングチーム)2h52''03"
2位 ジョエル・ピアーソン(オーストリア、セーヴィングス&ローンズ)
3位 ショーン・マッカーシー(オーストラリア、ライドスポーツレーシング)
4位 ウィル・ロートリー(カナダ、ジェリーベリー)
5位 エゼディネ・ラガブ(アルジェリア、ドーハチーム)
6位 ムハマドナジミー・ウォン(マレーシア、マレーシアチーム)
7位 品川真寛(日本、愛三工業レーシングチーム)
8位 飯野嘉則(日本、シマノレーシング)
9位 福田真平(日本、チームブリヂストン・アンカー)
10位 ジェームス・スプラッグ(イギリス、トレック・マルコポーロ)

個人総合成績
1位 メフディ・ソフラビ(イラン、タブリス・ペトロケミカル)24h33''04"
2位 西谷泰治(日本、愛三工業レーシングチーム)+04"
3位 ジェームス・スプラッグ(イギリス、トレック・マルコポーロ)+05"
4位 ウィル・ロートリー(カナダ、ジェリーベリー)+07"
5位 ホセイン・アスカリ(イラン、タブリス・ペトロケミカル)
6位 鈴木譲(日本、シマノレーシング)+08"
7位 オイゲン・ワッケル(キルギスタン、アザド大学コンチネンタル)
8位 ティモシー・ロー(オーストラリア、セーヴィングス&ローンズ)
9位 ラファー・シュティウィ(チュニジア、ドーハチーム)+12"
10位 アッバース・サイディタナハ(イラン、アザド大学コンチネンタル)+21"news:cyclowired.jp