《CHALLENGE TIRE:新製品入荷情報》

Challengeの新たなフラッグシップとなる『コットンケーシング』を採用した“TEAM DITION”シリーズより “GRIFO”と”LIMUS”が入荷中


Challengeの新たなフラッグシッ プとなる”TEAM EDITION”シリーズ。この新製品の一番のトピックは、タイヤを構成する骨格ともいえる、「ケーシング」素材を従来のコットン/ポリエステルの混紡で ある「コアスパン」から、「コットン」へと改めたこと。「コットン」はもはやロードタイヤではほとんど使われなくなった素材 ですが、たった33mm幅のタイヤでオフロードを走るシクロクロスでは“しなやかさ“が最重要視されるため、 ChallengeはDugastやFMBと並んで「コットン」素材の採用へと踏み切りました。しなやかさは今までよりも空 気圧を落とせるというメリットに直結します。TEAM EDITIONのコットンケーシングはしなやかな中にもコシがあってバランスが良く、トレッドパターンだけに頼るような走りでなく、ケーシングのしなやか さを使った走りができます。
チャレンジ チューブラー 分解図チャレンジ チューブラー 分解図
ケーシングの内側には、耐パンク性能の高いラテックスチューブが収められています。ケーシングとトレッドの間には耐パンクベ ルト(PPS)が挟みこまれ、さらに耐パンク性能を高めています。UCIレギュレーションに対応する33Cです。
外見上の特徴はコットンならではのホワイトがかったケーシングの色と、ハンドメイドらしさが伺える”TEAM EDITION”のスタンプです。


GRIFO 33 TEAM EDITION
GRIFO 33 TEAM EDITIONGRIFO 33 TEAM EDITION グリフォ 33 チームエディション チューブラー

”TEAM EDITION”シリーズには、”GRIFO(グリフォ)”、”LIMUS(ライムス)”、“CHICANE(シケイン)”と3種類のトレッドを持つモデ ルラインナップされますが、その中でもGRIFO TEAM EDITIONはオールラウンド用チューブラータイヤとして最も汎用性の高いトレッドパターンを備えます。

GRIFO 33のトレッドパターンはシクロクロスの歴史そのものと言える伝統を持っています。転がりの軽さが魅力のGRIFO 33は高いグリップ力を誇るセンターのノブにスピードの出るコーナーにも対応するサイドのドットパターンを配置しており、路面コンディションが様々に変化 する高速コース向きのオールラウンド用タイヤとなっています。やや硬めにぬかるんだ泥から乾燥した泥、濡れた草地、舗装路で の速さが光りますが、スリッピーな急斜度の登り・下りから砂セクションでも十分なグリップを発揮します。33Cのボリューム は細かな凹凸のあるバンピーなセクションでも乗り心地が良く、より高速コースに対応する改良となっています。このように、 GRIFO 33は深くぬかるんだ泥、柔らかくシャバシャバな泥の割合が多いコースコンディションを除けば、最も活躍する場面の多いタイヤといえます。

外見上の特徴はコットンならではのホワイトがかったケーシングの色と、ハンドメイドらしさが伺える”TEAM EDITION”のスタンプです。

サイズ:28"×33mm
ケーシング:コットン 320TPI
重量:405g
カラー:ブラック×コットン
推奨空気圧:1.6-3BAR
インナーチューブ:シームレス ラテックス

■税込定価: 11,200円


LIMUS 33 TEAM EDITION
LIMUS 33 TEAM EDITIONLIMUS 33 TEAM EDITION ライムス 33 チームエディション チューブラー

”TEAM EDITION”シリーズには、”GRIFO(グリフォ)”、”LIMUS(ライムス)”、“CHICANE(シケイン)”と3種類のトレッドを持つモデ ルラインナップされますが、その中でもLIMUS TEAM EDITIONはラテン語でMUD(泥)を意味するLIMUS(ライムス)というネーミングのとおり、深い泥、なかでも従来のタイヤではまっすぐ進むのも 困難なスリッピーで泥々の路面コンディションにおけるグリップ力、走破性を追求したしています。

Challengeのマッド用タイヤにはFANGOがありますが、実のところFANGOの キャラクターは“ベスト・コーナリングタイヤ”、つまりウェットでもドライでもコーナリング性能の高さが特筆に値します。Challengeのシクロクロ ス用タイヤはGRIFO XS 32, GRIFO 33, FANGO 33 と隙の無い品揃えです。しかし上述のFANGOの キャラクターを考えれば、時にレースを走り出すのも躊躇するような、過酷なマッドコンディションのためのタイヤが待ち望まれていたのです。LIMUSはま さにそんな泥々のコンディションでも前へ突き進むために生み出されたタイヤであり、2011-12シーズンの目玉といえるで しょう。

シクロクロス用タイヤについて見識のあるあなたなら、LIMUS独特の3.2mmの高いノブパターンを目にすれば直ぐにそれ が特別な用途のためにあることに気付くでしょう。特別な用途-ヌタヌタの泥を掻き分けてまっすぐ進むのも困難なマッドコン ディション、そしてコーナーでも直線でもハンドルさばきが難しいような、極度にスリッピーなコンディション。そういったコン ディションのためのタイヤがLIMUSです。こうしたコンディションではトラクションの効き、グリップ力が重要なのはもちろ んですが、同時にタイヤの回転とともに泥がぬけてくれる泥づまりのしにくさも非常に大切です。LIMUSのトレッドパターン は路面に接触するときには最大限トラクションを発揮し、路面から離れるとすぐさま泥ハケするよう設計されています。泥がタイ ヤにまとわりつきにくいことで、周回を重ねてもタイヤの回転は軽さを維持し、泥セクションを抜けた後の区間で他の選手に大き な差をつけることができるでしょう。
もうひとつ、LIMUSはコーナリングがあまり得意でなかったり、ライディングスキルに不安のあるライダーにもとてもお勧め です。硬く締まった路面や乾きかけの泥での走行抵抗は少し大きくなりますが、コーナーでのグリップ力の安心感は絶大なもの。 コーナーの多いテクニカルなコースでも転倒を恐れることなく、安心してレースを楽しむことができるでしょう。

サイズ:28"×33mm
ケーシング:コットン 320TPI
重量:410g
カラー ブラック×コットン
推奨空気圧:1.6-3BAR
インナーチューブ:シームレス ラテックス

■税込定価:11,200円


《TEAM EDITIONタイヤ取り扱い上の注意》
TEAM EDITIONに採用されているコットンケーシングはコアスパンケーシングよりも柔軟性に優れる分、デリケートな素材です。ChallengeのTEAM EDITIONは薄いラテックスのレイヤーで養生されていますが、従来品よりもその取り扱いには注意を払ってください。 ブラシ等で強くゴシゴシ洗浄すること、高圧洗浄機を使用すること、薬品や溶剤を使用して洗浄すること、そして磨耗によっ てケーシングは痛み製品寿命が縮まります。ヨーロッパのレースシーンではケーシングを養生するために、タイヤを貼る前に 「アクアシール」等を塗布するのがポピュラーです。
もしレース中の使用で濡れた際には直射日光の当たらない場所で乾燥させてください。使用しないときには軽く空気を入れた 状態で乾燥した適度な室温の暗所で保管してください。タイヤのケアに気を払っていただけば、より長くTEAM EDITIONのハイパフォーマンスな性能を維持することができます。




※写真はサンプルを撮影したもので、スペックやカラーなど実際の製品と異なる場合があります。
※色調はモニター画面で見るのと実際では多少違って見えますのでご了承ください。
※価格はシーズン途中で変更される場合もあります。最新情報は販売店でお確かめください。