ピナレロは、イタリア・ナショナルトラックチームの技術パートナーとして、11月29日に香港で開催されるUCIトラックワールドカップ 第3戦で、イタリア・ナショナルチームが使用する最新トラックモデルを発表しました。


 MAATは、2020・東京オリンピックに焦点を当てて、まったく新しくハンドルバーも含めたフレームの技術的特徴とジオメトリの研究が行われ、その過程においてイタリア・ナショナルチームの技術者や選手たちから多くの意見を取り入れ開発されました。

 MAATは特にマディソンとオムニウムレースのために設計されていますが、横剛性も強化されていることからたスプリントレースで使用することができます。ジオメトリはこれらのレースのために最適化され、選手がレーシングポジションを維持しやすいようトップチューブが長くステムは短くデザインされていますが、UCI規則を遵守しています。

ピナレロのロードフレームの特徴となっているアシンメトリック(非対称)の概念はまた、トラックフレームにも生かされています。アシンメトリック・デザインは、フレーム剛性およびパワー伝達を最適化するためのチェーンステイ強化に生かされています。エアロダイナミクス・プロファイルは、BOLIDE HRを起源にもち、フォークとシートステーは、更新された「3:1ルール」を超える可能性を活用することにより、極端なデザインになりました。フォークとチェーンステイは、スタンダードなホィールとディスクホイールどちらも使用できるよう最適化されています。


 連続したエアロダイナミクス・プロファイルを得るために革新的なヘッドチューブデザインを採用し、ヘッドチューブがフォークヘッドを完全に隠しています。トラックバイクはフォークが自由に回転するため、ロードTTバイクに用いられるソリューションよりデザインの自由度が高く、自転車のエアロ性能と機能をキープすることができます。


 革新的なハンドルバー:リーチとドロップは125/80のコンパクト・ドロップ、エアロダイナミック・セクション、芯~芯38cm幅で8.5°のフレアアウトを持ちます。"新しい"タイムトライアルポジションを用いるためにハンドルバーのショルダーに手や指のためのアナトミック・グリップを採用し、タイムトライアルポジションの際に手首に快適なポジション与えるためにバーの上部表面を平坦化しています。ハンドル上部をグリップする際に制御しやすくするためステムに近い部分はエアロ形状を緩やかにしています。MAATは23mmタイヤを使用するようにデザインされています。



FEATURES
• Carbon Torayca T1100 1K.
• Asymmetric Frame
• Drop in Bearing System 1” 1/8 - 1”1/4
• Italian BB
• Axles bolt-on
• Max Tires 700x23
• Seatpost Aero with Aero Rear Clamp
• FlatBack Profile
• UCI approved
• Weight:1350 gr (raw frame, not painted)
• 5 sizes available
• 3 sizes integrated handlebar

サイズ:455、480、500、515、530(CF)
カラー:A500 / MAAT MY21 - BoB、A501 / MAAT MY21 - Red / Black、A502 / MAAT MY21 - Sky / Black
※写真のイタリアナショナルチームカラーの市販化については確認中

税抜小売価格
MAATフレームセット:¥900,000-
MAATハンドルバー:¥98,000-

※2020年4月上旬頃よりデリバリー開始予定です。